*このウェブサイトはJAVA Scriptを使用しています。
非対応の端末、ブラウザをご利用の方は
こちらをご覧下さい。
記録: 2007年4月アーカイブ

2007年4月アーカイブ

4月15日に横浜の赤レンガ倉庫にて行われた「ダンス部 vol,11」に、自分の生徒さんと「汰椿Number」として、そしてソロで「汰椿」としてショーに出演してきました。

「汰椿Number」は、先月の25日の品川Stellar Ballに出演した作品とほぼ同じもの。
…と言うのは、メンバーの琥呂ちゃんが出演出来なかった為、急遽Hiromiちゃんに出演して貰った訳です。

自分が見た感想は…
品川の時よりも皆緊張していたな…と。
本番終了後に皆に話を聞いてみたら、ほぼ全員が「前より緊張した」との事。

品川では、舞台があって客席があって…お客様は皆席について、さらに少しだけ距離がありました。
しかし赤レンガではクラブスタイル…ステージはあってもすぐにフロアで、お客様との距離は皆無。

それが緊張の原因の1つかな…と。

でもそれが良い経験だと思います。色々な雰囲気の場で、色々な事を感じながら、でもどんな時も自分の実力が出せる様になっていってくれれば…と思います。


-----------------------------------------------

生徒さんとイベントに出演する機会が増えてきて痛感すること。

アニメーションが不思議に見えるのは、およそ日常生活では使わない動き、動かし方を用いるからです。

でもそれは何も大層な名前の付いた「技」だけでは無く、それこそ日常生活に近い動きでも可能で…

むしろ、日常生活の「何気ない動き」にこそ注目するべきだと。


しかしだからこそ教える、伝える事が難しいなぁ…と。

自分にとっても難しい部分で…それを見せるだけでなく、言葉でも表現しないといけない訳で…

挫けそうにもなります。


でも、星の数ほどいるダンサーの中から自分を選んでくれた気持ちに報いるため、そして自分の野望のためにもなんとかします。

皆を不思議にしてみせます!!

Google

OpenID対応しています OpenIDについて

ウェブサイトを購読

Creative Commons License
このブログは
クリエイティブ・コモンズ
でライセンスされています。
Powered by Movable Type 6.2.6

Google ads

SNS

Twitter

Facebook

Photos by Instagram

このアーカイブについて

このページには、2007年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2007年3月です。

次のアーカイブは2007年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。