*このウェブサイトはJAVA Scriptを使用しています。
非対応の端末、ブラウザをご利用の方は
こちらをご覧下さい。
「Michael Jackson 「This is it」」 - 記録 - 汰椿 : http://tachun.info/

観てきました。

………

……

こういう書き方をすると誤解を招くかもしれませんが…

自分はダンスで活動していますが、「彼がきっかけで…」とか「彼を目標に…」というタイプではなくて…

勿論否定したいわけでは無くて、やはりむしろ肯定派ですが「ファン」という感じでは無かったのです。


しかし凄く好きな楽曲も何曲もあるし、実際にダンスで使った事もあるし、遠くから見える功績だけでも尊敬すべき人物だと思ってました。



最近の表現をするならば、所謂「普通に好き」という感じでしょうか?
やはり少し違う気がしますが…



しかし、映画を観終わって…





「ファンです」と名乗る方々の気持ちが分かった気がします。

「気持ちが分かる」という表現はおこがましくて余り使いたくありませんが…

平たく言えば「自分もちょっとファンになりそう」でしたって事です。



本人の意識の高さもさることながら、それに引き上げられるかのように彼を取り巻く全ての人の意識の高さが…

エンターティナーの極みの様に思えました。



映画を観終わって、楽曲で「踊りたい」という気持ちが物凄く強くなったのと同時に、「自分なんかが使ってはいけない」という気持ちが強くなり…



ジレンマにさいなまれています………。



月並みではありますが、非常にお勧めの映画です。
上映期間延長中ですので、すこしでも興味がある様でしたら是非「スクリーン」で観る事をお勧め致します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://tachun.info/mt/mt-tb.cgi/127

コメントする

*は記入必須項目です。

Google

OpenID対応しています OpenIDについて

ウェブサイトを購読

Creative Commons License
このブログは
クリエイティブ・コモンズ
でライセンスされています。
Powered by Movable Type 6.2.6

Google ads

SNS

Twitter

Facebook

Photos by Instagram

このブログ記事について

このページは、汰椿が2009年11月10日 21:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「近い事、新しい事」です。

次のブログ記事は「久し振りに、初GACCHO!DPε==г(*゚∀゚)」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。